サカツラガン


珍しい鳥だと教えていただきました。


多々良沼にて2月26日


2羽のマガンと数羽の白鳥と一緒に


サカツラガン
サカツラガン posted by (C)naritatatamiten


サカツラガン
サカツラガン posted by (C)naritatatamiten


サカツラガン
サカツラガン posted by (C)naritatatamiten


サカツラガン
サカツラガン posted by (C)naritatatamiten


サカツラガン
サカツラガン posted by (C)naritatatamiten


サカツラガン
サカツラガン posted by (C)naritatatamiten


サカツラガン
サカツラガン posted by (C)naritatatamiten


サカツラガン
サカツラガン posted by (C)naritatatamiten



カモ目カモ科マガン属

Anser cygnoides


頭が茶褐色,頬が淡褐色,嘴が黒い, 脚が橙色


全長81~94cm 翼長42~46cm 体重2.8~4.2Kg


大型のガンで,首の後ろの茶かっ色と前の白のコントラストがよく目立つ。

1950年までは,千葉県新浜で100羽ほどの群れが見られたが,現在では定期的な渡来地はなく,

ほぼ毎年1~数羽がやってくるのみ。

「ギャヒーン,ギャヒーン」という,ひびきのある大きな声で鳴く。


シナガチョウ(中国系ガチョウ)は,サカツラガンを家禽(かきん)化したものである。


 酒面雁(さかつらがん)

[PR]
by naritatatamiten | 2011-02-27 19:35 | カメラ
<< カワセミも 多々良沼2月19日 >>